「耳のあるロボットの唄」の各トラック音源データについて


はじめに

はじめに、というか色々と言い訳です。 読み飛ばしていただいて構わないのですが、"この配布物はジャンクボックス" ということだけ認識していただければと思います。

まず、うp主はお金が無いので、基本的に無償で使えるソフトを使っています。 お金をかけたのはサンプリング CD とオーディオインタフェース周り位です。

そんなわけで原曲は Music Studio + ソフトシンセ(VST音源のフリーソフトまたはデモ版)で作りました。 Music Studio は日本語ですし MIDI 打ち込みから wav ファイル作成まで一通りできるソフトです。が、VST音源との相性問題などが生じることがあると言われています。うp主も例外ではなく、例えば長時間作業すると音が出なくなったりクラッシュします。 ですので、曲データを公開するにあたって、Music Studio のファイルをそのまま公開するのは色々とご迷惑をかけてしまうだろうと思いました。

そこで、最近うp主は Music Studio から REAPER に乗り換えつつありますので、REAPER にデータを移行して公開することにしました。 REAPER は ver.0.999 まで無償でダウンロードできますし(ここからダウンロード可能)、何より安定しています。

公開するものは、各トラックを波形ファイルにしたものと MIDI ファイルです。これらを使って波形ベースでの編集、midi ベースでの編曲ができる…といいなと思っていますが、何かと問題があり、結果的に出来上がったものは不完全でジャンクボックス的な部分があります。ですので、お手数をおかけしますが、あまり期待せずジャンク箱をあさって、使えるものがあれば持って行って下さい。 また、もし何かミスしている所があれば教えていただければ幸いです。

以下はデータ公開にあたって作業した手順です。

<各トラックの波形ファイルの作成手順>

  1. Music Studio で各トラックを録音。
  2. wav 形式でファイル保存。
  3. flac 形式で圧縮。

    ※注記1: 手順 2 について。
    容量削減の都合で、ほとんどのトラックをモノラルでファイル化しました。そのため各音源の音の広がりや厚みが犠牲になってしまったように思います。音質にこだわるのなら、後述の MIDI ファイルで音生成から行う方が良いと思います(何かと面倒ですが)。

    ※注記2: 手順 3 について。
    wav ファイルのままだと全部で 300MB 近くになったため flac 形式で圧縮することにしました。flac は mp3 などと違い、劣化なく wav ファイルに戻すことができる圧縮形式です。また REAPER では flac 形式のままトラックに読み込むことが可能です。flacをwavに戻す手順はこちらに書いてあります
<MIDIファイルの作成手順>
  1. Music Studio で SMF 形式でエクスポート。
  2. エクスポートした MIDI ファイルを1トラック毎のファイルに分離。 (REAPER ではトラック毎に1ファイルを使うので)


波形ベースで編集する方向けの説明

<使えるファイル>

<REAPER を使って編集する場合の手順>

  1. REAPER をインストール(私は ver.0.999 を使っています)
  2. robot-波形ファイルのみ.RPP をダブルクリックして REAPER を起動
  3. 好きなように編集
※初回読み込み時には各トラックの repeaks ファイルを作るので少し時間がかかります。また、音がおかしい場合 REAPER を再起動すると治ることがあるようです。

<REAPER 以外のソフトで編集>

色々なソフトがあると思いますので一つ一つについては分かりませんが、 flac 形式に対応していないソフトを使うのなら、 flac ファイルを wav 形式のファイルに変換する必要があります。 その場合の大まかな手順はこちらです。


MIDIベースで編集する方向けの説明

<使えるファイル>

<REAPER を使って編集する場合の手順>

  1. REAPER をインストール(うp主は ver.0.999 を使っています)
  2. 必要なら VST 音源をインストール
  3. robot.RPP をダブルクリックして REAPER を起動
  4. 好きなように編集

前述したとおり、robot.RPP の各トラックには、再現可能な範囲で原曲の VST 音源と音色を登録しています。こちらの表に載っているVST音源をインストールすれば、ある程度は原曲を再現できるだろうと思います。 逆に音源をインストールせずに robot.RPP を開くと多分警告が出ると思いますが、その際は何か別の音源を割り当てたりすれば次回以降警告は表示されなくなると思います。

なお、初回読み込み時には repeaks ファイルを作るので少し時間がかかります。また、音がおかしい場合 REAPER を再起動すると治ることがあるようです。

<REAPER 以外のソフトで編集>

省略。


さいごに

配布したファイルは、使えそうな場があれば使えそうな形で好きに使ってやって下さい。できればニコニコ動画等で聴かせて頂けると嬉しいです。


※flac形式の波形ファイルをwav形式に戻す手順

flac形式で圧縮した波形ファイルを元の wav ファイルに戻す手順。

  1. flac をインストール(ダウンロード元はこちら)。
  2. FLAC Frontend を起動。
  3. 解凍したい flac ファイルをまとめて FLAC Frontend にドラッグ&ドロップ。
  4. Decode ボタンを押す。
上記手順は未検証です。詳しい解説が必要ならこちらのページなどを参照して下さい。 inserted by FC2 system